是北産業株式会社

Bakuman。で英会話をマスターすることを目指す

gameboy meets girl

Game Boy Advent Calendar 2017の第21日目です。(22日目の記事ではないので注意!)

 

GameBoy Meets Girl  

作詞:P. YOMURO

GameBoy Meets Girl それぞれの
あふれる想いにきらめきと
瞬間を見つけてる
星降る夜の出会いがあるよに
GameBoy Meets Girl あの頃は
いくつものゲームをクリアした
あざやかに現れた
Game girlを
きっと見つけだしたくて…

 

ゲームボーイというものは、男子が遊ぶものだと昔は思っていた。のだが、クラスの女子がカエルの為に鐘は鳴るというゲームの話をしているのを聞いて、 

 

あ、女子でもゲームボーイやるのか!

 

と思った記憶がある。当時小学校低学年だったと思うが、CMでよく流れていたのでやりて~と思っていたゲームだったが結局やらずに今日に至っている。もし買っていたとしても、別にその女子と話をしたということはなかっただろうが。

 

その後は特に女子がゲームをする話を聞くことはなかった、そう、あのゲームが発売されるまでは・・・

 

そのゲームとはポケモンなわけだが、小6から中1にかけて大ブームになっていたポケモンでまさか婚活までできるようになるとは、思いもしなかったわけである。

 

そこで、初代ポケモンが発売された1996年頃のゲームボーイ所持者の性別割合と現在の割合を見てみよう・・・と言っても、そんなジャストフィットしたようなデータがあるのか謎だが、以下のデータでは明らかに96年以降ゲームをする女子率が高まっている。

 

「東京ゲームショウ'99・春」来場者調査 報告書 調査結果の要約

 

ポケモン自体は初代赤と青しかやっていないので、その後に出たポケモンは殆ど知らないままだった。そして女子がポケモンだいすきだということに気づいた時、ポケモンXをやり始めてポケモン婚活をする予定・・・だったが、言語設定を英語にしてしまったため途中でよくわからなくなってしまい、未だクリアできずにいる。

 

というわけで、Gameboy doesn't meet girlであり、自分では達成できなかったのだが、ポケモンを愛し、ポケモンを極めた友人はポケモンで結婚していたので今からでも遅くないからポケモン婚活をするのが良いと思う。

 

以上。