是北産業株式会社

Bakuman。で英会話をマスターすることを目指す

バクマン。で学ぶ英会話 第22回

もし、海外で働くならIELTSのスコアアップは必須だなと思って、IELTSの勉強法を調べ始めた。

dent-sweden.com

 

リーディングのレベルアップを狙うなら単語をまず覚えまくって、そのあとは精読をやるとのこと。

 

精読後はなるべく毎日、1パッセージにつき最低5回は読むという事を習慣的に行ってください。

内容が理解できている文章を何度も読むということで、この時の目標読解スピードは通常の試験時に要求されるスピードよりも速くなります。

ということで、とにかく読むしかないんだなと思った。

 

マンガはスラッシュリーディングができない分、ちょっと不利かも。。

 

 

屋上でシュージンとサイコーが話し合っている続きから。

 

Takagi: That means I’m the only guy you can tell your problems to about your relationship. I’ll be your very best friend. We can work on your romance and the manga together.

高木:それは意味します、私が唯一の人である、あなたがあなたの問題を言うことができる、あなたの関係について。私はあなたのまさに一番の友達になるでしょう。私たちは働くことができます、あなたの恋愛とマンガをいっしょに。

 

Mashiro: Love is love, and manga is manga.

真城:恋愛は恋愛、マンガはマンガ。

 

Takagi: Is that so?

高木:それはそうですか?

 

Mashiro: Hey, don’t you need to go back to the classroom?

真城:おい、あなたは戻る必要はないのか、教室に?

 

Takagi: I aced the test. Perfect score, I’m sure of it.

高木:私はテストは完璧です。私はそれを確信している。

 

Mashiro: I don’t get it. Why do you have to study so hard if you want to become a manga artist? You don’t need to have a high educational background, you know.

真城:私はそれがわかりません。なぜあなたは勉強する必要があるのか、そんなに一生懸命、もしあなたがマンガ家になりたいなら。あなたは必要ない、高い学歴を持つことが、だろ。

 

Takagi: Insurance. I’m not 100 percent sure that I’ll become a manga artist either.

高木:保険です。私は100%確信していません、私がマンガ家になるだろうことを。

 

Mashiro: I thought so. That’s smart way to live. Do all the other guys in class look dumb to you?

真城:私はそうだと思った。それが賢い生き方です。クラスの全てのほかのやつはバカに見えますか、あなたには?

 

Takagi: Huh?

高木:は?

 

Mashiro: Do you think you’re the smartest guy in class?

真城:あなたは思っていますか、あなたがクラスで一番賢いと?

 

Takagi: What’s with this all of a sudden? That isn’t a very nice question.

高木:これは何ですか、突然?それはあまりいい質問ではない。

 

Mashiro: Is that a yes? Do you think you need to be smart to become a manga artist?

真城:それはイエスですか?あなたは思いますか、あなたが賢い必要があると、マンガ家になるために。

 

Takagi: I do. At least, you can’t become one if you’re dumb. All right. If that’s what you meant by that question, then I’ll answer it. I don’t think getting good grades means you’re smart. But I do think that I’m the third smartest kid in our class.

高木:私は思います。少なくとも、あなたはマンガ家になることができない、もしあなたがバカなら。わかった。もしそれがあなたが言いたいことなら、その質問によって、それから私はそれに答えるでしょう。私は思わない、いい点を取ることが意味するとは、あなたが賢いと。しかし私は強く思う、私は3番目に賢い子供です、クラスで。

 

f:id:yoriP:20180326181547p:plain

(From p.79)

 

Mashiro: Third? That’s very modest of you. Who are the two people smarter than you?

真城:3番目?それはとても謙虚です、あなたが。だれがその二人の人々ですか、あなたより賢い?

 

ace

【他動】
  1. 〈米俗〉〔試験で〕A[高得点・満点]を取る、楽々と合格する

modest

【形】
  1. 〔態度・言葉遣いなどが〕控えめな、しとやかで上品な、腰の低い

 

敢えて謙虚に出ることで相手に評価を上げさせる作戦は使えるな。

 

以上。

 

 

Bakuman。, Vol. 1: Dreams and Reality

Bakuman。, Vol. 1: Dreams and Reality